お尻にきび 原因

お尻にきびの原因ってなんなの?

お尻にきびの原因は何なんでしょうか?
そもそもにきびとは何なのかについて調べてみました。

にきびとは医学的にはざ瘡といわれるもので、毛穴の部分で炎症が起こっている状態です。
別名でいうと吹き出物といわれるものです。
毛穴の中に過剰な皮脂がたまり詰まることで炎症がおきてしまう状態です。
毛穴に皮脂がつまると、その皮脂を栄養にして増殖するアクネ菌が過剰繁殖してしまいます。
にきびの原因となるアクネ菌は嫌気性の細菌、つまり酸素を必要としない細菌のため、毛穴がつまった状態というのはアクネ菌にとって最高の環境といえます。
皮脂で毛穴がつまる→皮脂を栄養にするアクネ菌が繁殖→さらに毛穴がつまる→嫌気性のアクネ菌がさらに増殖するという悪循環によってにきびがどんどん増悪していくらしいです。

また、アクネ菌が過剰繁殖すると、まわりの皮膚を攻撃して皮膚細胞が死滅していき、その死骸(角栓)が毛穴にたまっていき、さらに毛穴がつまっていきます。
このように毛穴での炎症がどんどん進行していって、にきびが悪化していくんだとか。
にきびの原因は毛穴につまった皮脂とアクネ菌の相互作用による炎症ということですね。

お尻にきびの原因もきっとここにあるんだと思います。
となると、お尻にきびの対策としては、まずは毛穴がつまってしまわないようにきちんと清潔に保つことなんだろうと思います。

 

サイトマップ